KAT-TUNのオタクがハイフンを公言する関西ジャニーズJr.に堕ちた話

はじめまして。Twitterで流れてきた素晴らしい沼落ちエピを読んで、新規ハイのうちに!と初めてブログを書きます。

実際は10年以上前に全盛期のCROOZ、JUGEMブログなどはやっていました…伝わる方は同年代かもしれません。20代後半社会人です。

 

タイトルの内訳ですが、関西ジャニーズJr.(以後関ジュ) 、Lilかんさい(ルビ:りとるかんさい)所属の當間琉巧(ルビ:とうまるうく)くんにどハマりしている話です。前置がけっこう長いです。

 

----------------------------------------------

 

まずはオタク経歴をさらっと。

2012年春、KAT-TUN担に。

一度生で観てみたいと思っていたKAT-TUNのコンサートのチケットを手に入れ、東京ドームの天井席に。「えもいわれぬ」というのはこういう気持ちのことか…と同じく初KAT-TUNだった、現在も上田担の友人と胸を押さえながら水道橋を後にしたことを覚えています。

こんなにボケる人なんだ〜??というMCの立ち回り、ソロ曲の凝った演出と透き通ったクリスタルボイス、そして決め手は心臓に直で響いたヒューマンビートボックスのかっこよさ。あとスタイルのよさ。お顔が小さい!!全てに胸打たれその場で中丸担になりました。

 

ちなみにそれ以前は2006〜7年あたりから、みんな大好き花より男子にどハマりしたのをきっかけに嵐を見始め、同世代の関ジャニ∞を見始め(イッツマイソウルMVの大倉くんもっちもちでかわいすぎ)、周りに色々なグループのオタクもいたため嵐、You&J全般は曲も聴くしライブDVDも観るし、少クラも観るし、行ければコンサートも行くし、浅く広くミーハーという感じでした。初めて自分のお小遣いで買ったCDは嵐のTimeでした。

 

そんなこんなで高校大学〜社会人とKAT-TUNのオタクを続けていた日々。

 

----------------------------------------------

 

2020年1月、“関ジュ”を認識。

職場のなにわ男子が好きな同僚から「関ジュのあけおめライブの生配信があるからみてね!わたしは現場にいるけど!」

とのお達しが。ジュニアに関しては2018年のKAT-TUN現場で宇宙Sixとしてバックについていた目黒くんが気になり、その後YouTubeライブ配信はみていたものの、ここへきてジュニア担にはならないぞ〜〜!?という謎の強い気持ちがありました。

 

ジャニーズがYouTubeで見られる本当にありがたい時代、ゆるゆるとジュニア全体の知識はついていました。

youtu.be

さて生配信。

本編感想「Real Faceを関ジュが歌っている??なんかめっちゃ顔のいい子がうーちゃんのラップやってる??ちゃんと#2だ!てかLIPSも歌ってる??ありがとうね…」

MC感想「(何故か知ってた)斗亜ちゃんの嬉し涙にガチ男泣きする顔のいい子いる…関ジュとはなんぞ…?」

くらいの軽い気持ちで見てました。ノリのいい曲が多くて楽しい関西のライブ。みんなかわい〜!

 

----------------------------------------------

 

2020年春、コロナ禍でのislandTV。

次々と現場が中止になる中、活発に更新してくれるジュニア達。偉いな〜…と徐々に知っていく。あけおめで見た子たちだ!と『Aぇのオハコ』などの企画ものをめちゃめちゃみてました。電話企画が特によかった。

j-island.net

 

----------------------------------------------

 

2020年夏、7月28日 伝説の『なにわの日

youtu.be

伝説じゃないでしょうか。Twitterや現場で出会う関ジュのオタクたち、この日を境に本格的に…という声がめちゃめちゃ多い。

 

先ほど出てきた『顔のいい子』とは顔面宝塚こじけんことAぇ! groupのリーダー小島健くんです。(最近ではコジケンサンバでちょっと話題になっていたよ)ここでまず小島担になります。関ジュ担こんにちは!

メンカラメドレー、ナス(村上くんを筆頭としたパープル軍団)が披露したのは本人たちのパブリックイメージをガラッと変えたキンプリの『koi-wazurai』。『koi-wazurai』の小島くんはディズニープリンス。

 

余談中の余談ですが2020春松竹オフショの小島くんの歯並びが綺麗すぎることに感動して、この時に迷っていた歯列矯正を決意、コンプレックスがひとつ減りそうです。ありがとう小島くん!

 

 

 

関西ジュニアのいいところは『関西』という括りで縦の繋がりが強いところだと思います。Aぇ! groupをみていると自然と他のグループや無所の子の情報も入ってきます。

なにわ男子がデビューした今では、Aぇ! group、Lilかんさい、Ambitious、Boys beと4グループいますが全員顔と名前が一致しちゃって本当に怖い…ジュニアにははまらんぞと言ってたあの頃の自分、どうですか?(どうですか?)

 

担当が増えた、そして初めてジュニア担になった2020年。

今では境なく掛け持ちアカウントになっていますが、Aぇ用のTwitterアカウントを作りました。繋がってくれているみなさまありがとうございます。

この年はKAT-TUNのグループ活動が少なかったこともあり、オタクごとはかなり関ジュ寄りになりました。

 

----------------------------------------------

 

なが〜〜〜い前置がありましたが、ここからが本題です。

 

2021年春。KAT-TUN15周年、アニバーサリーイヤー

久々のシングル発売やアリーナツアーも決まり、本腰入れるか〜!と円盤やら録画やらを見返していた矢先、

2021年のJohnny's webで田中聖の曲の話をしているジュニアがいる………?もう令和も3年ですけど?まじ?てかりとかんのるうくちゃん…?

たしかアーティスト名は出してなくて「KAT-TUNさんの」って表記だったと思います。

 

 

そのJohnny's web更新直後に自分がMCを担当するラジオでドンエバを流している………

事あるごとに動揺するツイートが残ってたので、以後自分のツイートと共に振り返ります。見づらかったらすみません…。

 

このときの「knock! knock! knock!」はラジオにゲスト出演してたAぇ! groupの佐野くんが自身のライブでドンエバ履修済みで、そのラジオの場で言ってたため書き残したんだと思います。

角材ペンラとはKAT-TUN15周年ツアーのペンライトです。なかなかでかく持ちづらい三角柱で、見た目から角材と呼ばれています。

 

バックについたことがある、もしくは少クラ(関西だったらまいジャニ※1)等で曲をカバーしたことがあるジュニアならまだわかるけど、この子ってりとかんの高校生の子よな…?りとかんってあのきらきらきゅるきゅる王子様のちゅっちゅっちゅ〜のリルミラクル※2歌ってるグループよな…?てかるうくちゃんの尊先ってセクゾのそうちゃんじゃなかったっけ??そんな子がKAT-TUNを????

とおそるおそる注目するように。

 

このときLilかんさいに関して、小島担故※3に斗亜ちゃんのことだけはよく存じておりました。

あと友人に松島聡くんのオタクがいたため、るうくちゃんの尊先はそうちゃん、メンカラも緑で同じという情報もなんとなく入っておりました。

 

※1『まいど!ジャーニィ〜』関西ジャニーズJr.がメインのバラエティ番組。

※2『リルミラクル』はLilかんさい初のオリ曲。ガチ名曲なので最後にリンク貼っておきます。

※3小島くんはLilかんさいセンター斗亜ちゃんのことを異常に溺愛していて『こじとあ』と呼ばれています。斗亜が笑えば小島も笑う、斗亜が泣いたら小島も泣く。

 

----------------------------------------------

 

2021年4月。まさかのKAT-TUN大阪公演

4月2日宮城公演から始まったKAT-TUNのツアー、大阪公演はもともと行く予定がなかったのですが、ありがたくフォロワーさんにお誘いいただき、最終日弾丸することに。

3/22の配信ライブを見たわたし、KAT-TUNが好きな子なら絶対に見て欲しい!最高なので!見学来て〜!と念を送っていたらしい。記憶にない。

※3/22の代々木は有観客での公演は中止で生配信、その後振替になりました

 

当日、

きてしまった、なんなら亀梨くんがリフター(めっちゃ間違えててごめんなさい)に乗せてきてしまった。中丸くん曰く「ジャニーさん戦法。」笑

 

その日の自分のレポ

亀梨くんが超〜気持ちよさそうに歌ってる横でちんまり体育座りしているるうくちゃん、なんか…ごめんな…と思いつつ本当にお目目がきゅるきゅるでかわいかった。

この日はスタンド後列だったけど、双眼鏡なしでもとにかくお目目がきゅるきゅるしていた記憶が強い。

 

ていうか亀梨くんの「りとるおおさか」がかわいすぎて一瞬時止まった。勝手に規模狭めんといて!

 

かわいいものには“ちゃん”をつけよ ということでるうくちゃんと呼んでしまいます。亀梨くんもかめちゃんって呼んじゃうし。

お母様が響きから付けたお名前だそうで、とても素敵なお名前。

 

 

そんなツキノミチの時の自担、中丸くん、

亀梨くんがジュニアをリフターにあげたのを見てか知らないけど、ライブ中にクソほど暗いことを言っていて忘れられない中丸くん、本当に面白い大好き。

 

 

自分のツイートを見返すと大阪公演前にでっかいフラグ、

からの綺麗な回収で困る。

 

なんかめちゃめちゃ紹介してるけど2004年生まれって……困る。

 

公演数日後、

新米ハイフン爆誕?!!バクステリフターが亀梨くんでよかったねえ……中丸くんとリフター乗せるのは不安だし上田くんは は?!危なくね?狭いからぜってえ嫌だ!!って言うよねきっと。

 

ちなみにこの時のweb、とんでもない鬼の熱量。「書きたくてウズウズしてました、長いと思うんで注意です!」と前置きして、セトリの順を追って1曲ずつ、生き生きとしたオタクのようなコンレポブログを書いてくれました。

 

その中でも『BIRTH』についての思い出話が、「亀梨くん主演の妖怪人間ベム、小さい時に怖くなりながら見ていたんですけど、初回放送日の2011年10月22日21時、、人生で初めて乳歯が抜けました❗️」という内容でなんの話やねんかわいいな…とツッコんだ記憶があります。THE関西。てか乳歯…

 

あと『SADISTIC LOVE』を「高校生なのであんま歌詞の内容はわかんにゃい🙄💦」「でもめっちゃかっこいいからLilかんさいが未成年のうちにやってみたい曲1位ですねぇ」と書いていてブチギレました。ダメ!!!!絶対!!!!

 

わたしはKAT-TUNの何が好きなの?と聞かれたら真っ先に「コンサート!」と答えるしKAT-TUNのつくりあげるステージが大好きなので、熱量高く語ってくれるジュニアがいることが心底嬉しかったです。

 

…という奇跡のエンカウントがありましたが、遠くから、木の上から見守りたい(親)という気持ちでひっそり見ていました。だって中丸くんとは20歳も違うし…

 

----------------------------------------------

 

2021年5月、オリ曲『La fiesta』

舞台ANOTHERは簡単に言えば、ジャニーさん演出の事務所の歴史ある舞台という感じでしょうか。2021年松竹座公演の座長をLilかんさいがつとめました。有観客でしたが中止になってしまった公演もあり、ありがたく配信にありつけました。せっかく配信あるし見てみたい!と興味本位でAぇ担友人と集まって鑑賞。

 

その中の歌唱部分で初披露されたLilかんさいのオリジナル曲『La fiesta』がクリーンヒット。

youtu.be

わたしの知っているりとかんじゃない…………ラップ?低音?まじ???かっこいい………と腰を抜かす、高校生でラップができる子…マジのZ世代だ……

このフラメンコ調のテイストにセリフやらラップやらをぶちこんだ、ジャニーズブランドだからできる曲。アミーゴ…癖になりすぎる。歌詞の中の「常勝バディ」というフレーズの強さ。てかみんな歌上手くない?

ちなみにこの曲、偶然にも亀梨くんのソロシングル曲『Rain』と作詞作曲が同じチームだそうで。そんなことある?

 

世に放たれしるうくちゃんのバチイケラップ、軸のしっかりした、力強く、それでいてしなやかなダンスも最高。パフォーマンスがドンズバで刺さるアイドルに出会えるなんて、なんとありがたい世界。

いや、でも、遠くから、木の上から見守りたい(親)。

 

----------------------------------------------

 

2021年6月、様々な媒体でKAT-TUNの話をするるうくちゃん降臨 

すごい、サブスクの宣伝までしてくれてありがとうすぎる。ラジオの自分のMC回では絶対にカツンの話を盛り込んでくれていた。嬉しい。

 

6月後半のまいジャニでは特技で「なぜか歌わない亀梨くんのモノマネ」とD-MOTIONを披露していたり(これがおもろい)、webやドル誌、TV誌で城ホ公演の思い出を話してくれたり、亀梨くんにめろめろやんけ…なるうくちゃん。マジでかわいい。かわいい。かわいい。

 

----------------------------------------------

 

2021年7月、推しから推しの名前が出る世界

ジャニオタの夢であり罠。

 

----------------------------------------------

 

2021年9月、なにわ男子札幌公演

ありがたいご縁でなにわ男子のアリーナツアー、札幌公演に入らせていただくことに。バックではありますが初めてLilかんさいの生のパフォーマンスを拝見

道枝くんと恭平くんのユニットにLilかんさい5人のバック。

耳馴染みのあるキンキさんの欲望のレインにぶち上がっていた矢先、とんでもない表情をしていたるうくちゃん、というかるうくさん、るうく先輩?!!脊髄からの好き!!!!!が出てしまった…なにわ男子さんアリーナツアーの円盤化おめでとうございます、どうか、どうか下手からのアングルを残してください。

 

札幌公演終わりのホテルでラジオを聴いていたら、追い討ちをかけるようにKAT-TUNの新曲の話をしてくれるるうくちゃん、このときはAKさんの曲をリクエストしていた。

こたちゃんのマジレスおもろすぎ。そうだねって言ってあげてよ。

 

さらに翌週のラジオで訪れる死、

ルノーを聴いて痺れると言う現役男子高校生がこの世に存在するんか……?いつかやってください。死んでしまいますが。てか趣味合いすぎん?

ちなみにここまでのるうくちゃんによる2021年カツンリクエスト曲、DON'T U EVER STOP→RESCUE→Roar→STAR RIDER→HELL,NO、2022年明けにはCHANGE UR WORLD え、趣味合いすぎん?

 

(補足①)

(補足②)

スタライはまあまあな玄人だと思うんですが。

 

と現場後の畳み掛けでヘロヘロになってしまいましたが、遠くから、木の上から見守りたい(親)の強い気持ちは忘れず。だって中丸くんと20歳も違うし…

 

年末会ったフォロワーに「あの時、もう札幌まで行ってる時点で好きでしょって友達と話してましたよ。」と言われました。それはそう。札幌は遠い。

 

----------------------------------------------

 

2021年10〜11月、関ジュ怒涛の現場発表

オリックス劇場の単独公演

・年明けの関ジュ合同城ホ公演、追加のガイシ公演

・グローブ座 小島組(小島/佐野/斗亜/琉巧/岡)の笑劇

 

小島組、

いやわたしがキャスティングした?友人の「大倉くんはジュニアのやりたい!をカタチにしてくれるあしながおじさん」というツイートが腑に落ちすぎて大きな拍手した。脚長いしね…

 

----------------------------------------------

 

2021年12月、覚悟を決めてLilかんさいの単独公演へ

しぬほど聴いたLafiestaから始まったオリックス劇場での単独コンサート、念願の生ラップ。あのスパンコールの赤衣装。

OPでの煽り曲が嵐のAttack it!、しかも原曲振り付けでやっていたことに驚愕(なんとわたしのジャニーズ初現場は嵐の5×10です)

 

そして来たるAttack it!の煽り、るうくちゃん「全員まとめて幸せにしてやるからついて来いよ!!!」

ェ〜〜〜…そんなMJみたいな力強い煽りマジかよ……痺れた。ついて行きますわるうくさん……

と静かに唇を噛んで降参しました。初日のOPでした。

 

公演内容はこの後書きますが、後半のファンサ曲ではきゅるきゅるなお手振りをいただき、その幸せオーラ全開な勢いで公演後に緑のニットを購入(遠征先)、翌日の公演に向かいました。現場でメンカラを着ない人間、降参の印です。

 

----------------------------------------------

 

単独公演の内容に関して、

こんなりとかんのイメージ通りのまばゆいきらきら演出にキャッキャしてたら、

儚さ爆発のアンニュイ〜ロマンチックな演出があったり、

今この時の5人だからできる学校メドレーがあったり、ラストの方ではBlack&White(キスマイ)→YSSB(WEST)→Try&error(JUMP)のばちばちごりごりダンスメドレーがあったり、ジャニオタそんなん好きに決まってるっしょ???な盛りだくさんセトリでお腹いっぱい。多幸感がカンスト。10年前のあの日胸を押さえながら東京ドームを後にしたことを思い出しました。

 

toカツン担で簡単に紹介すると、Lilかんさいはメンバー5人がみんな同じ高校に通っていて、2022年1月時点で4人は高校3年生、最年少るうくちゃんのみ2年生と少女漫画のようなグループ構成となっております。

学校メドレーの最後のシーンでは、5人の背景に壮大な夕焼けを敷きつつるうくちゃんが「この景色をこの4人と見られるのも最後かぁ」と言っていて会場からィ〜〜〜と声が漏れていたのを覚えています。

 

 

一人ずつ最後の挨拶、メンバーと初めてこんなにぶつかりながら作り上げた というライブを思い返したのか、ボロボロに泣きながら話していたセンターの斗亜ちゃん。

「皆さんも僕らをみて大変なこととかお仕事とかがんばろ〜って思ってくれたら」と言っていて、いい大人がマジ泣きしてしまいました。ありがとうね斗亜ちゃん…たくさんご飯を食べてたくさん寝てゆっくり休んでくれ……

 

素敵なステージを観る度に「せめて永遠ではない時を一瞬でもムダにはしないと ココデ約束しよう」「きっといつか果てていく時と知りながら僕らは生きる だけどそれでいいんだ」のフレーズを思い出してギュッとなってしまう。

KAT-TUNのPeacefuldays。勝手にアイドルとファンのテーマソングだと思ってます。

というか個人的には人生のテーマソングだと思ってます。

 

自分の気持ちに正直に。抗うのはやめて、木から降りて、がっつりオタクさせていただきます。よろしくどうぞ!!

 

 

ありがたすぎる公式のレポがあるのでリンクを載せます。記事の中で「見る者に息つく暇を与えない。」と書かれていますが、まさに仰る通りの素晴らしいステージでした。

thetv.jp

 

----------------------------------------------

 

2022年1月、関ジュ合同公演

というわけで降参後、年明けの関ジュ合同公演はがっつりロックオンで見させていただきましたが、

早速未来への楽しみを見出す軽率オタクになってしまいました。

るうくちゃん及びLilかんさい及び関ジュの今後が本当に本当に本当〜〜に楽しみです!!

 

最近LilかんさいにハマりそうなAぇ担フォロワーから「渚さんのるうくちゃんの推すべくして感すごいですよね…」と言われ、こんなこともあるんだなぁと他人事のようにしみじみしてしまいました。KAT-TUNのオタク10年やって、KAT-TUNが好きだと公言するジュニアにドボンするのは流石に事務所の罠にかかりすぎですが、おかげでハッピーオタクライフはまだまだ継続できそうです。

 

年明けの現場から帰ってきたわたしに対する上司「今週健康オーラすごくない??」オタ活はアンチエイジング

 

来週は待ちに待ったLilかんさいのアクリルスタンドが発売されるのでとっても楽しみです。KAT-TUNもはやくアクスタ出さないかな〜……中丸くんよろしくね!

 

 

 

 

以上、KAT-TUNのオタクがハイフンを公言する関西ジャニーズJr.に堕ちた話 でした。拙い長文をお読みいただきありがとうございます。

 

序盤で言ってたきらきら王子様曲『リルミラクル』は以下からどうぞ。疲れた大人にマジで効きます。疲れてなくても幸せホルモンが出ます。

youtu.be

j-island.net

 

 

 

 

 

どっちもキュートすぎるだろ…〜完〜